スポンサードリンク
<% content.header -%>

<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

沖縄の手土産ならお菓子のポルシェお菓子御殿の紅イモタルト

お菓子のポルシェ御菓子御殿の紅イモタルトは村おこしから生まれた、沖縄名産の紅イモを使ったタルトです。お菓子のポルシェは昭和54年創業と新しいお土産屋さんですが、村おこし事業の一環として昭和61年から紅イモタルトの製造をはじめました。沖縄名産の紅イモを使った紅イモタルトは口コミで広がり、一躍全国に知れ渡り有名お菓子メーカーになりました。当時は紅イモ菓子の商品化は初めてだったため試行錯誤を重ねまた、沖縄の数多くの人々の協力により代表菓子の紅イモタルトが誕生しました。紅イモタルトはペースト状の紅イモをタルト生地に乗せて焼いた洋風菓子で、素材そのものの味わいを生かした素朴な味わいです。紅イモは南国・沖縄ならではの鮮やかな色彩で印象的でもあります。カルシウムやカリウム、植物繊維、ビタミンも豊富と近年人気の高い紅イモをたっぷり使っているだけあって、ヘルシーなお菓子として特に女性に人気です。お菓子のポルシェ御菓子御殿では、紅イモタルトのほかにも、紅イモと白餡をバター風味の柔らかな生地で包み込んだ、いーもん、沖縄のミネラル豊富な塩、ぬちマースと風味豊かなゴマを使った塩胡麻ちんすこうなど、地元の食材を生かした名品が揃っています。塩胡麻ちんすこうは甘さ控えめで塩味がきいたちんすこうで、通好みの男性にも人気の新しいタイプのちんすこうです。


長野県・竹風堂の栗かの子

長野県小布施町の竹風堂小布施本店の栗かの子は小布施の代表銘菓として全国に知られた栗菓子の名品です。栗の名産地、長野県小布施が全国に誇る銘菓・栗かの子は手土産に最適です。中でも竹風堂は代表的なお店の一軒です。明治26年創業の竹風堂は地場8件の栗菓子店の中でも全国的に有名です。竹風堂の栗かの子は小布施産をはじめ国産栗のみを自社仕込みした蜜漬け栗に栗餡を絡めた栗菓子で、栗きんとんを手土産としてふさわしい一品に格上げさせた上品な栗菓子です。口の中でほろっと崩れる栗ムクの味わいは格別です。ほかにも一人用に小分けしたお一人様栗かの子も好評です。また、竹風堂にはもうひとつ、店を代表する名品があります。栗かの子と並ぶ人気商品の栗おこわは昭和47年に現3代目当主、竹村猛志さんの発想から生まれたもので、最良のもち米にほくほくの栗をふんだんに混ぜ込んだ贅沢なおこわです。さらに、栗あんしるこ、栗ようかんなど栗菓子の種類も豊富です。赤えんどう豆を焙煎して粉に挽き、粉糖と水で調合し乾燥させた、創業時からのロングセラー干菓子、方寸も代表銘菓といえます。全国的にお茶席に用いられる菓子として好評です。

ロイズコンフェクトのロイズ生チョコレート

北海道のお土産ランキングの上位に常にランキングされているお土産といえば花畑牧場の生キャラメルとロイズコンフェクトのロイズ生チョコレートです。先進工場で次々生まれる魅惑的なロイズの生チョコレートは老若男女を問わず、北海道を訪れる観光客の多くを魅了してきました。美味しくて品質の高いチョコレートを、気軽に楽しんでほしい、をモットーに昭和58年に札幌で創業したロイズコンフェクトの代表銘菓といっても良いでしょう。ロイズの第1号商品は板チョコレートでしたが、スイスで出会ったチョコレートをヒントに、北海道で作る生クリームや洋酒などを加えて生まれたのがロイズ生チョコレートです。シルクのようななめらかな口どけと口いっぱいに広がる芳醇な香りは、まさにチョコレートの名品といっても良いでしょう。より良い商品作りに掛ける情熱で、世界中から厳選した素材を取り寄せ、数々のチョコレート商品を生み続けているのがロイズコンフェクトの特徴です。最新設備と徹底した衛生管理で知られる当別町のふと美工場では、多彩なチョコレートのほか、焼き菓子やアイスクリームなども製造しており幅広い商品をそろえています。また、塩味のポテトチップの片面にチョコレートをつけたポテトチップチョコレートは新しい味わいと食感が人気の秘密です。

東京土産ランキング ANAインターコンチネンタルコンチネンタルホテル東京の紅茶のフィナンシェ

ホテルメイドの名品の呼び声も高い最高級紅茶を使った紅茶のフィナンシェが人気です。昭和62年のホテル開業と同時にケーキやパンの製造販売をしてきたのがANAインターコンチネンタルホテルの2階にあるデリカショップです。「約半数に及ぶ海外からのお客様においしいと御モル手いただけるように」と、素材はもとより食感にもこだわる品を提供し続け、今ではホテルメイドの名品としての評価が定着しています。中でも平成19年7月から売り出した紅茶のフィナンシェは深みのある風味をたたえた一品です。ドイツの老舗高級ブランドのロンネフェルト社の紅茶を使ったもので、しっとりとした食感と、香りがふわっと口の中に広がっていく、実に上品な味わいが魅力です。また、開業以来の定番商品が、フランス・バローナ社のチョコレートをふんだんに使用した、濃厚な味わいで人気のガトーショコラとショートケーキです。月替わりで登場する季節の果物をあしらった生ケーキ、1日4斤限定のスペシャルイングリッシュブレッドなども評判です。

東京土産 洋菓子舗ウエスト銀座本店のシュークリーム

洋菓子舗ウエスト銀座本店は昭和22年にレストランとして開業しました。銀座7丁目の銀座本店には、表の外堀とおりに面して売店、その奥にレトロシックな喫茶室があります。売店のショーケースでひときわ目を引くのが、大人の握りこぶしほどはありそうな、圧倒的な大きさのシュークリームです。薄いシュー皮で包んだ、たっぷりのカスタードクリームの控えめな甘さは、ストレートコーヒーや紅茶によくあいます。中身が生クリームのクリームパフ、同じくゴルゴンゾーラチーズ味のゴルゴンゾーラパフもあり、いずれもテイクアウトはもちろん、古きよき昭和を髣髴させる喫茶室で飲み物と一緒に楽しめます。また、ドライケーキではリーフパイの人気が高く、リーフ(木の葉)の形に成形するのにパイ生地を256層にも織りたたむといいます。リーフパイのみ10枚〜45枚入りのパッケージ各種のほか、ミニチュアサイズのリトルリーフパイも人気です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。