スポンサードリンク
<% content.header -%>

<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

東京土産 ささまの和生菓子

東京の和菓子の土産ナンバーワンといえばささまの和生菓子でしょう。ささまは昭和4年パン屋さんとして創業しました。2年後に和菓子を作り始め、昭和9年からは和菓子一筋で現在に至ります。月替わりで常時6から8品が顔をそろえる和生菓子には、それぞれ風流な名前がついています。たとえば4月なら木の芽田楽、都の春、花筏、春霞。6月なら紫陽花、麦秋、早苗きんとき、撫子…。といった具合です。名前ばかりではなく、季節感を彩り豊かにまとった姿も非常に美しい。北海道産の上質な小豆を使った餡は、丁寧な仕上げの手作りです。もちろん添加物は一切使用していませんから、買った翌日までが賞味期限になっています。また、一年を通じて人気があるのが、松葉最中と本練羊羹です。皮に松葉模様を刻んだ松葉最中はその上品な味わいに固定ファンも大変多いそうです。本練羊羹には黒糖入りもあり、バリエーションも豊富です。雅な彩りと季節感にあふれ、その名も風流なささまの和生菓子を東京のお土産にぜひいかがでしょうか。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。