スポンサードリンク
<% content.header -%>

<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

東京土産スイーツ 酒種あんぱん

あんぱんの本家本元が今も銀座の真ん中で手作りにこだわっている、木村屋總本店銀座本店のあんぱんの紹介です。木村屋總本店創業者の木村安兵衛が日本人初のパン屋を開いたのは明治2年です。当時はパン作りに欠かせないイースト菌が日本には無く、代わりに酒種を使ったことがアンパンの発明につながったそうです。パンの柔らかさを出すことに苦労した安兵衛は、酒饅頭に用いる酒種をパン生地に使うことを思いつき中身には饅頭に使う餡をくるみました。こうして生まれた酒種あんぱんは、同7年の発売と同時に大評判を呼び、明治天皇にも献上されたそうです。銀座4丁目交差点すぐ近くにある本店の7階では伝統の酒種あんぱんが今も作られています。八重桜の花びらの塩漬けを中央のへそにあしらった、明治天皇に献上した当時と変わらぬ姿の桜はじめ、ケシの実をまぶしたケシ、白餡をくるんだ白、ずんだや抹茶のほか季節のあんぱんなど常時約10種類がそろっています。5日ほどなら日持ちもするので地方への手土産にも最適です。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。