スポンサードリンク
<% content.header -%>

<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

手土産ランキング 岩おこしと粟おこし

大阪の手土産ランキングではあみだ池大黒の岩おこしと粟おこしが人気です。千石船の往来が盛ん長堀川河畔に文化2年に創業しました。初代は、船底に溜まる大量の余剰な良質米を買い取って原料とし、おこし作りをはじめたといいます。おこしは「身をおこし、家をおこし、国をおこす」という縁起のいい名前から大阪名物となり、やがて全国的にも人気となりました。おこしには、もち米とうるち米を蒸し、これを乾燥させて砕いたものを使う。黒砂糖やショウガを入れて固めたものが岩おこしですこし大きめに砕いたものが粟おこしです。原料には粟より高いうるち米を使っていますが、あえて、「粟」と呼ぶのが「大阪人らしい」心意気です。おこし作りのコツは火加減と水加減。絶妙な加減を知る、この道50年の職人がカリッと仕上げます。かみ締めると米の味がして、後から甘みがじわじわと感じられます。深い味わいは一度食べたら忘れられません。


岩おこしと粟おこしのお求めはこちらから



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。