スポンサードリンク
<% content.header -%>

<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

東京の手土産 手焼き花椿ビスケット

資生堂パーラー銀座ショップの手焼き花椿ビスケットは優雅な雰囲気をまとった銀座ショップ限定の一品です。明治35年、ソーダ水やアイスクリームを製造・販売する日本初のソーダファウンテンとして資生堂薬局内に生まれた資生堂パーラーは、ソーダ水一杯に化粧水をサービスする商売が評判を呼び、たちまち銀座の名物店になったといいます。昭和3年に本格的な西洋レストランを開設、ほぼ同時期に花椿ビスケットの販売を始めました。その後発売されたチーズケーキやサブレなど、いまも定番のロングヒット商品も数多く販売されています。中央通に面した資生堂パーラー銀座ショップは、資生堂パーラーのフラッグシップ店です。数ある手土産のうちでも、選び抜いた素材を一枚一枚手焼きする手焼き花椿ビスケットは、銀座ショップだけにしかない限定バージョンです。プレーンタイプと季節替りが揃うクリーミーなスペシャルケーキ、伝統の洋食を手軽に味わえるレトルト商品も人気が有ります。


手焼き花椿ビスケットはこちらから



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。