スポンサードリンク
<% content.header -%>

<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

東京土産 洋菓子舗ウエスト銀座本店のシュークリーム

洋菓子舗ウエスト銀座本店は昭和22年にレストランとして開業しました。銀座7丁目の銀座本店には、表の外堀とおりに面して売店、その奥にレトロシックな喫茶室があります。売店のショーケースでひときわ目を引くのが、大人の握りこぶしほどはありそうな、圧倒的な大きさのシュークリームです。薄いシュー皮で包んだ、たっぷりのカスタードクリームの控えめな甘さは、ストレートコーヒーや紅茶によくあいます。中身が生クリームのクリームパフ、同じくゴルゴンゾーラチーズ味のゴルゴンゾーラパフもあり、いずれもテイクアウトはもちろん、古きよき昭和を髣髴させる喫茶室で飲み物と一緒に楽しめます。また、ドライケーキではリーフパイの人気が高く、リーフ(木の葉)の形に成形するのにパイ生地を256層にも織りたたむといいます。リーフパイのみ10枚〜45枚入りのパッケージ各種のほか、ミニチュアサイズのリトルリーフパイも人気です。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。