スポンサードリンク
<% content.header -%>

<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

沖縄の手土産ならお菓子のポルシェお菓子御殿の紅イモタルト

お菓子のポルシェ御菓子御殿の紅イモタルトは村おこしから生まれた、沖縄名産の紅イモを使ったタルトです。お菓子のポルシェは昭和54年創業と新しいお土産屋さんですが、村おこし事業の一環として昭和61年から紅イモタルトの製造をはじめました。沖縄名産の紅イモを使った紅イモタルトは口コミで広がり、一躍全国に知れ渡り有名お菓子メーカーになりました。当時は紅イモ菓子の商品化は初めてだったため試行錯誤を重ねまた、沖縄の数多くの人々の協力により代表菓子の紅イモタルトが誕生しました。紅イモタルトはペースト状の紅イモをタルト生地に乗せて焼いた洋風菓子で、素材そのものの味わいを生かした素朴な味わいです。紅イモは南国・沖縄ならではの鮮やかな色彩で印象的でもあります。カルシウムやカリウム、植物繊維、ビタミンも豊富と近年人気の高い紅イモをたっぷり使っているだけあって、ヘルシーなお菓子として特に女性に人気です。お菓子のポルシェ御菓子御殿では、紅イモタルトのほかにも、紅イモと白餡をバター風味の柔らかな生地で包み込んだ、いーもん、沖縄のミネラル豊富な塩、ぬちマースと風味豊かなゴマを使った塩胡麻ちんすこうなど、地元の食材を生かした名品が揃っています。塩胡麻ちんすこうは甘さ控えめで塩味がきいたちんすこうで、通好みの男性にも人気の新しいタイプのちんすこうです。


沖縄土産口コミと感想

沖縄土産口コミと感想
沖縄土産といったらチンスウコウかシーサーかと思ってしまうのは私だけでしょうか。しかもチンスウコウは粉っぽくてあまりおいしいと思いません。「喉がむせてしまうのになぜお土産なの?」と言いたくなります。もちろんチンスウコウが大好きという方もたくさんいますが。昔、友人からもらったシーサーは、可愛くなく怖かったです。沖縄では守り神として愛されていますが、せめてもう少し愛らしい姿だったら玄関にでも飾れるのにと思いました。最近、「星の島工房」という沖縄のお土産物屋さんで、マンガチックな笑っているシーサーを見つけました。とても可愛らしく、これなら子供にも女性にも気に入られること間違いなしです。ただし、しぶ好みの人には「シーサーは全然違うものだ。邪道だ」と怒られてしまうかもしれません。他にも「星の島工房」では貝殻の雑貨やアロハシャツ、琉球ガラスなどを作っています。沖縄中部のサトウキビ畑に囲まれた田舎町にお店があるそうです。東京の銀座には沖縄の店があり、黒糖や野菜、フルーツ、ジーマーミー豆腐などがあるそうです。沖縄物産展もデパートでよく開催されていますね。普段買いにくい食材を沖縄土産として購入できたら楽しいですね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。