スポンサードリンク
<% content.header -%>

<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

長野県・竹風堂の栗かの子

長野県小布施町の竹風堂小布施本店の栗かの子は小布施の代表銘菓として全国に知られた栗菓子の名品です。栗の名産地、長野県小布施が全国に誇る銘菓・栗かの子は手土産に最適です。中でも竹風堂は代表的なお店の一軒です。明治26年創業の竹風堂は地場8件の栗菓子店の中でも全国的に有名です。竹風堂の栗かの子は小布施産をはじめ国産栗のみを自社仕込みした蜜漬け栗に栗餡を絡めた栗菓子で、栗きんとんを手土産としてふさわしい一品に格上げさせた上品な栗菓子です。口の中でほろっと崩れる栗ムクの味わいは格別です。ほかにも一人用に小分けしたお一人様栗かの子も好評です。また、竹風堂にはもうひとつ、店を代表する名品があります。栗かの子と並ぶ人気商品の栗おこわは昭和47年に現3代目当主、竹村猛志さんの発想から生まれたもので、最良のもち米にほくほくの栗をふんだんに混ぜ込んだ贅沢なおこわです。さらに、栗あんしるこ、栗ようかんなど栗菓子の種類も豊富です。赤えんどう豆を焙煎して粉に挽き、粉糖と水で調合し乾燥させた、創業時からのロングセラー干菓子、方寸も代表銘菓といえます。全国的にお茶席に用いられる菓子として好評です。


新潟土産 笹川餅屋の笹団子

新潟の名物土産の笹団子は素朴な家庭の味に工夫を重ねて新潟の名物に育ちました。ヨモギを練りこんだ笹団子は、古くから米どころ新潟の各家庭で晴れの日の食べ物として作られていた素朴な食品です。明治16年創業の笹川餅屋はもち米とうるち米の粉にヨモギを混ぜた団子で小豆餡やこしあんをくるみ、笹で俵型にまいて蒸し揚げるこの笹団子を、新潟名物にまで育てた老舗です。「本物の味」をモットーに厳選した素材を使い、昔ながらの製法で作られる団子は餡の程よい甘さをヨモギの風味が包み込むような、絶妙な味わいです。最高級ブランドのもち米・コガネモチを熊笹で三角に包み、水に一晩つけた後にゆでる笹ちまきも笹川餅屋の名物商品です。このほか新潟市の土産コンクール金賞を受賞した焼き鮭入りの鮭饅頭、ビターチョコ入り白餡を新潟産酒かす入りの生地でくるんだチョコっと新潟、オレンジを使った洋風仕立てのおれんちのオレンジまんじゅうなどユニークな商品も人気です。


笹団子のお求めはこちらから

手土産ランキング 岩おこしと粟おこし

大阪の手土産ランキングではあみだ池大黒の岩おこしと粟おこしが人気です。千石船の往来が盛ん長堀川河畔に文化2年に創業しました。初代は、船底に溜まる大量の余剰な良質米を買い取って原料とし、おこし作りをはじめたといいます。おこしは「身をおこし、家をおこし、国をおこす」という縁起のいい名前から大阪名物となり、やがて全国的にも人気となりました。おこしには、もち米とうるち米を蒸し、これを乾燥させて砕いたものを使う。黒砂糖やショウガを入れて固めたものが岩おこしですこし大きめに砕いたものが粟おこしです。原料には粟より高いうるち米を使っていますが、あえて、「粟」と呼ぶのが「大阪人らしい」心意気です。おこし作りのコツは火加減と水加減。絶妙な加減を知る、この道50年の職人がカリッと仕上げます。かみ締めると米の味がして、後から甘みがじわじわと感じられます。深い味わいは一度食べたら忘れられません。


岩おこしと粟おこしのお求めはこちらから

外国人が好きそうな人気土産

外国人が好きそうな人気土産
外国の方は、漢字のロゴがはいっているTシャツやサムエや浴衣などを好まれるのではないかと思います。例えば「風林火山」とか「独眼竜」などの漢字は、外国人がらみるとカッコよくてクールだと感じると思います。日本人だったら絶対に外に着ていかないようなデザインですが。サムエは男女兼用できますし、浴衣は女性には喜ばれること間違いなしです。日本的なデザインの携帯ストラップも、小さいので数多く購入してもかさばらず、人気があると思います。漢字のデザインされた戦国武将の家紋いりの印籠(いんろう)付きストラップなどは見た目も豪華で人気がでると思います。伝統的な日本のおもちゃ、小物、コミックも嬉しいお土産になると思います。コマ、けん玉、駄菓子、扇子、手ぬぐい、匂い袋、などあげたらきりがないくらい素敵なお土産ものが日本にはあります。コミックは外国でとても人気が高く専門店もあるくらいですから、好きな人にはたまらないでしょうね。サンリオのハローキティちゃんは、じつは外国の方がよく買っていくそうです。浅草で、外国人の観光客にお土産のインタビューをしている番組を見ていたら、キティちゃんが大好きという女性が何人かいました。サンリオでお土産を選ぶのも悪くないかもしれません。

全国の名物土産口コミと感想

全国の名物土産口コミと感想
私のお勧めお土産は、鎌倉名物の豊島屋の鳩サブレーです。あのサクサク感とほんのり甘いお菓子は一度口にしたら忘れられない懐かしい味わいです。素朴な焼き菓子やクッキーが大好きな人なら鳩サブレーもお気に召すと思います。誰でも一度は口にしたことがあるのではないでしょうか。鳩サブレーの歴史は古く、明治から始まり今に至っています。名前の由来は、外国帰りの船長さんに豊島屋の初代が味見してもらったところ、「フランスのサブレというお菓子に味がよく似ている」と言われ、三郎の名が浮かび「鳩三郎」ならぬ鳩サブレーと名付けたとういうことです。初代はユーモアのあった方だったのですね。卵とバターとお砂糖で作る素朴な鳩サブレーが、フランス菓子の味が日本に入ってきた最初のお菓子かもしれません。昔は今のように多くの種類の材料はなく、身近な食材を使ってお菓子を作ったのでしょう。自分で作れそうでサブレーの食感はなかなか難しいです。決して贅沢なお菓子ではありませんが、飽きのこない、赤ちゃんからお年寄りまで万人に好まれるお菓子だと思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。